学費のご案内

九州国際高等学園 学費について(クラークコース)

本校に入学をお考えの皆さんに国が行う教育費の支援制度についてご案内します。

高等学校等就学支援金

教育に係る経済的負担の軽減を図るため、国が授業料支援を行う制度です。

本校学費及び高等学校等就学支援金適用後の学費について

本校及びクラーク学費(単位:円)

  1年次 2年次 3年次
入学金 100,000    
前期学費 300,000 300,000 300,000
後期学費 300,000 300,000 300,000
補助活動費
(修学旅行費65,000円込)
約115,000 約114,000 約113,000
クラーク学費 146,800 131,800 131,800
合計 961,800 845,800 844,800

学費より就学支援金等を差し引いた実質負担額(単位:円)

就学支援金
収入の目安 月額 年額
910万円未満 9,900 118,800
590万円未満 33,000 396,000

実質負担額
収入の目安 1年次 2年次 3年次
910万円未満 843,000 727,000 726,000
590万円未満 565,800 449,800 448,800

※ 年収は両親のうちどちらか一方が 働き、高校生1人(16歳以上)、 中学生1人の4人世帯の目安。

※ 就学支援金は毎年、住民税によって算定されますので在学中支給額が変動する場合もあります。

高校生等奨学給付金

教科書費・教材費など、授業料以外の教育費を支援する制度です。

市町民税所得割額が0円(非課税)の場合、奨学給付金の制度の対象となります。
対象の方には以下の給付金が別途支給されます。

  • 扶養義務のある15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいない場合・・・・年額 103,500円
  • 扶養義務のある15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合・・・・年額 138,000円

※ 本校へ入学しクラーク高校との連携を選択された場合の学費です。
※ 返還不要の支援です。利用するにはそれぞれ申し込みが必要です。(本校を通して手続きします)
※ その他 公的機関の貸付制度等もございます。詳しくは、お尋ねください。
(国の教育ローン、佐賀県育英資金、母子寡婦福祉資金など)

九州国際高等学園 学費について(佐賀北コース)

本校に入学をお考えの皆さんに国が行う教育費の支援制度についてご案内します。

高等学校等就学支援金

教育に係る経済的負担の軽減を図るため、国が授業料支援を行う制度です。

本校学費及び高等学校等就学支援金適用後の学費について

本校及び佐賀北通信制学費(単位:円)

  1年次 2年次 3年次
入学金 100,000    
前期学費 300,000 300,000 300,000
後期学費 300,000 300,000 300,000
補助活動費
(修学旅行費65,000円込)
約115,000 約114,000 約113,000
佐賀北(通信制)学費 約50,000 約13,500 約23,500
1単位ごとに100円 約2,500 約2,500 約2,500
合計 867,500 730,000 739,000

※ 佐賀北(通信制)学費について
1年次の学費には、テキスト、体操着等の費用を含む。
2年次の学費は別途テキスト代が必要。
3年次の学費は、卒業アルバム代含む。バスハイク等の参加費は、別途必要。

学費より就学支援金等を差し引いた実質負担額(単位:円)

就学支援金
収入の目安 月額 年額
910万円未満 9,900 118,800
590万円未満 33,000 396,000

実質負担額
収入の目安 1年次 2年次 3年次
910万円未満 748,700 611,200 620,200
590万円未満 471,500 334,000 343,000

※ 年収は両親のうちどちらか一方が 働き、高校生1人(16歳以上)、 中学生1人の4人世帯の目安。
※ 就学支援金は毎年、住民税によって算定されますので在学中支給額が変動する場合もあります。

高校生等奨学給付金

教科書費・教材費など、授業料以外の教育費を支援する制度です。

市町村民税・道府県民税所得割額が0円(非課税)の世帯が奨学給付金の制度の対象となります。
対象の方には以下の給付金が別途支給されます。

  • 扶養義務のある15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいない場合・・・・年額 103,500円
  • 扶養義務のある15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合・・・・年額 138,000円

※ 本校へ入学し佐賀北高(通信制)との連携を選択された場合の学費です。
※ 返還不要の支援です。利用するにはそれぞれ申し込みが必要です。(本校を通して手続きします)
※ その他 公的機関の貸付制度等もございます。詳しくは、お尋ねください。
(国の教育ローン、佐賀県育英資金、母子寡婦福祉資金など)